辛いいぼ、悩んでない?手術でコンプレックスとさようなら

いぼの手術

顔に触れる女性

いぼは、予防しながら治療をしていく事が大事になります。特に、大きないぼは見た目にも影響を及ぼす可能性があります。治療は主に手術などで行われる事が多くなっていきますが、実際の治療のイメージを膨らます為にも、いぼの切除手術にはどのような方法があるのかを確認してみても良いでしょう。いぼを切除する手術は、様々な所で行われます。ですが、特に行われているのは美容外科や美容皮膚科です。美容外科や美容皮膚科と聞くと身構える方もいるかもしれませんが、美容に関わるクリニックだからこそ、見た目に大きく影響してしまういぼを綺麗に取り除いてくれるのです。いぼは主に4つの手術方法で取り除けると言われています。それがレーザー、メスでの切除、液体窒素、内服薬です。中でも現在、最も主流となっているのがレーザーです。レーザーは傷の跡も残りにくく、また痛みを感じるのも少ないのが特徴の施術となっています。また、一週間程度で目立たなくなる、一度の治療で良くなる事が多いという特徴もあり、通院を減らす事ができやすいのもレーザー手術のメリットと言える部分です。次に、メスで切除を行う手術方法です。大きくなってしまったいぼに有効です。レーザー手術が台頭するようになってからは積極的に薦められなくなった施術ではありますが、徹底的にいぼを無くしたいという方にはとても有効な施術です。切除と聞くと痛みを伴いそうなイメージがあるかもしれませんが、麻酔をしっかりかけてからの手術になるので、安心に切除できます。次に液体窒素で冷やして行う手術です。低音やけどでウイルスなどを含めた細胞を壊す方法で、他の呼び方では冷凍凝固法と呼ばれます。レーザーなどに比べて痛みは感じますが、その分症例も多く、確かな効果があるのが大きな特徴です。最後に内服薬です。内服薬の主成分はハトムギに含まれるヨクイニンです。医師に処方してもらい、他の治療方法と並行して薬を飲む事でより効果が高まる事が期待されます。しかし、内服薬で治るいぼというのはウイルスにより出来てしまういぼのみになってしまいます。治療方法には様々なものがあります。しかし、これらは全て安心できる医師の元で行わなければ完治は難しいでしょう。また、いぼの種類により手術方法は変わってしまう事をしっかり頭に入れなければなりません。自分のいぼの種類をしっかり医師に伝え、よりそのイボに合った手術方法でいぼ切除してもらいましょう。どこの病院でやればいいのか分からない場合は自分で調べ、実際にいぼの切除手術を行った方の口コミなどを確認してみても良いでしょう。

Copyright© 2019 辛いいぼ、悩んでない?手術でコンプレックスとさようなら All Rights Reserved.