辛いいぼ、悩んでない?手術でコンプレックスとさようなら

いぼの種類

女性

いぼ一口に言っても、様々な種類のものがあるのを知っていますか?いぼは、種類に応じてそのいぼに合う治療の仕方などが大きく変わってきてしまうものです。ご自分のの身体にあるいぼはどの種類なのかをしっかりと知ると良いでしょう。ご紹介しますので、いぼに悩んでいる人は是非自分の身体に合う治療を選んでくださいね。最初に、老人性いぼです。老人性と書いている通り、高齢の方が多く悩んでいるいぼです。盛り上がったできもののようなものや、平らなものまで、様々な種類の老人性いぼが存在しています。また、色も肌色のようなものや茶色のようなものまで様々です。ですので、ほくろと勘違いされる方も多くいます。次に、顔のいぼです。顔のいぼはゆっくり増えるものと早く急激に広がるものまで、様々です。特に青年性扁平疣贅と呼ばれるものは、10代、20代の女子までいます。ニキビと似ているものですし、数週間後には消える数ミリ程度のいぼなのであまり大きな問題はありませんが、また最初してしまった場合や、大きくなってしまった場合は手術も考えてみてもいいかもしれません。次が足裏に出来るいぼです。足裏に出来るものといえば、ウオノメやタコが多いかもしれませんが、足裏にもいぼは出来てしまうものです。こういった足に出来てしまういぼは、足底疣贅と呼ばれています。ウオノメやタコとは違い、中心も黒くなるのが特徴ですので、真ん中が黒いものが出来た場合は、いぼを疑った方が良いでしょう。しかし、中には歩く際に邪魔になってしまったり、体重がかかる事により痛みを伴い、歩くのが難しくなったりしてしまう場合もあります。大人によく出来てしまういぼについてご紹介しましたが、子供が多くかかってしまういぼもあります。それが、免疫が低下し、ウイルスに感染する事により出来る水いぼです。水いぼは他のいぼとは違いぽつぽつと何個か出来てしまう事が特徴になっています。最後にご紹介するのが首のいぼです。首のいぼは知らないうちに出来ている事の多いいぼです。別名アクロコルドンやスキンダックとも言われています。首のいぼは肌の老化以外に襟が付いている洋服やマフラー、ネックレスやペンダント、チョーカーといったものでの摩擦で起こる刺激もいぼが出来てしまう原因と呼ばれています。いぼというのは基本、放置しておいてもそこまでの害は無いものになります。しかし、中には最初は小さかったいぼがどんどん大きくなってしまったり、出来る箇所によっては痛みを感じてしまったりといった事もあります。なるべく手術で除去するという方法を使用してみてもいいかもしれません。

Copyright© 2019 辛いいぼ、悩んでない?手術でコンプレックスとさようなら All Rights Reserved.